競馬ウィークエンドトレーダー

競馬予想とか仮想通貨トレードとか、金になることを不定期に公開していまーす。

【桜花賞2018】ラッキーライラックVSアーモンドアイ、2強のうち勝つのはどっちだ!?

f:id:nextdoor2020:20180405165918j:plain

今週は阪神競馬場で、3歳牝馬クラシックの桜花賞(GⅠ)が開催されますね!

当ブログ1発目の予想になりそうなのでぜひ当てたいんだけど、簡単そうで意外と難しそう!

まずは人気馬が信用できそうなのか?本当に強いのか?考えてみました!

 

桜花賞2018は1強?2強?

まず4戦4勝で、2歳牝馬GⅠも勝ったラッキーライラックの断然人気でおかしくないんだけど、今回はそう簡単には行かなそう。

1月のシンザン記念を男馬相手に驚異の末脚を披露したアーモンドアイっていう馬も、めちゃくちゃ強いんじゃないかっていう前評判です。

というわけで、今回の桜花賞は、

女王ラッキーライラックVS新星アーモンドアイの2強対決の構図となりますね。

オッズ的には、ラッキーライラックは流石に1番人気でしょうが、アーモンドアイもそれに肉薄した2番人気。

馬券的には、ラッキーライラックとアーモンドアイ、どちらを上に取るかで、当たるか外れるかが決まりそうです。

 

今回は2強は信頼して大丈夫?大波乱は無い?

昨年の桜花賞で、人気馬で勝負して、見事に裏切られたトラウマを抱えている人は絶対多いはず。

ダントツの1番人気だったソウルスターリングは直線伸びあぐね3着。新星のアドマイヤミヤビに至ってはゲート内で唐突に「う〇こ」をしだして出遅れ。見せ場なく大敗しました。

今年も、昨年のような大波乱はあるのでしょうか?

結論から言うと、私は「波乱なし」「順当に収まる」と予想しました。

理由

昨年は雨の影響で、阪神競馬場の芝は時計がかかっていました。

ソウルスターリングは雨馬場のせいで伸びあぐねましたし、切れ味の無いレーヌミノルも完全に馬場に助けられた印象。レーヌは同じく雨だったマイルCSでも上位に来ましたしねぇ。

今年は週末に若干雨マークがありますが、日曜日は晴れ。そして何といっても先週までの阪神競馬場は、例年以上の高速馬場。(大阪杯もSペースの割には超好時計でした)

これなら桜花賞も良好な馬場状態でレースができそう。強い馬が、しっかりと自分の力を出し切れると見ました。

 

ラッキーライラックVSアーモンドアイ、比較してみた

■成績

ラッキーライラック

4戦4勝(阪神JF優勝)

阪神JF・チューリップ賞を完勝しているように、桜花賞の舞台「阪神1600m」は文句なく強い。

阪神JF1着

1.34.3(前半35.3後半34.4)

12.4 - 11.3 - 11.6 - 12.4 - 12.2 - 11.9 - 11.0 - 11.5

前半35秒台と遅めのペースを楽に中団追走。この馬は差し馬ですが、ペースが速くなかったら、普通にいい位置を取れるのが強み。俗にいう「展開に左右されない馬」

上がりも、11.0のラップをしっかりと差し切っているし、10秒台の瞬発力も駆使できる。最後のラップも11.5でまとめているし、坂も苦にしないパワーがある。

凱旋門賞2着した父オルフェーヴルの良い所を全て受け継いだ感じかな。

 

アーモンドアイ

3戦2勝(シンザン記念優勝)

シンザン記念1着

1.37.1(前半35.7後半35.3)

12.2 - 11.1 - 12.4 - 13.3 - 12.8 - 12.1 - 11.7 - 11.5

前走は男馬相手にシンザン記念V。最後の直線は、他馬が止まって見えるほどの末脚で、かなりセンセーショナルな勝ち方。

出遅れ→後方→Sペースと、絶望的な展開でしたが、大外をまわりながら完勝!

時計はラッキーライラックより大分遅いけど、雨が降り馬場が悪化したので気にしなくていいかな。

2着が次走で惨敗したツヅミモンだったのでレースレベルに疑問の声も上がっているのは事実。でも個人的にはそんなことは無いと思っています。

ラスト1Fのラップが失速していれば、漁夫の利の差し切りも考えられます。しかしラスト11.5という速めのラップを楽に差しきりですからねぇ・・・出遅れも考えたら、評価できるのではないかと。

 

■血統

血統は2強とも新種牡馬の産駒。これも比較してみましょう

ラッキーライラック→オルフェーヴル産駒

まずラッキーライラックは2歳戦から活躍したので「早熟では?」という意見もありそうですが、オルフェーヴル産駒は成長力がありそう。

なぜならオルフェーヴル産駒は数多いのに2歳戦ではガンガンデビューできなかった。

かなり時間をかけて成長するタイプが多いのでしょう。ラッキーライラックは早くデビューできたので判断が難しいけど、これからさらに成長するかもしれない。

しかし不安材料があって、オルフェーヴルの父ステイゴールドは、晩成型で成長力のある仔をたくさん輩出したけど、牝馬に限っては、2歳戦に強い早熟馬を少なからず輩出した。

レッドリヴェールとかが典型。ラッキーライラックも同じ道を歩まなければいいのだが・・・

 

アーモンドアイ→ロードカナロア産駒

こちらも絶好調の新種牡馬ロードカナロア産駒。

ロードカナロア×フサイチパンドラということで、血統でみてもGⅠでやれるような大物感を感じます。

ロードカナロア産駒の特徴は、芝専門、1600m戦に特化した種牡馬。

1200mだと短いし、2000mだと長い産駒がほとんど。

とくに直線が長くて、坂もある、東京1600、阪神1600が大得意。

ロードカナロア産駒は差し脚が武器なので、阪神1600はぴったしなんですよね。

ただその分展開には左右されそう。ペースが超Sにハマったりしたら、レース巧者の馬に後れを取りそうなイメージ。

ただ桜花賞に限っては、ペースが速くなるケースがほとんどなので、心配は杞憂かな。

 

■枠順

ラッキーライラック(1枠1番)

極端な最内枠をゲット。

今の阪神競馬場は高速馬場で、内を立ち回った馬が完全に有利なので、内枠はいいと思う。

たしかに内で包まれる心配はあるにはあるが、まわりは社台系(ノーザンファーム含)の馬ばかりだし、同じ社台系のラッキーライラック徹底マークで内に閉じ込めよう!というのは絶対にありえない。

よほど超Sペースで超団子状態になれば分からないが、今回はそんな展開にはならないはずです。

それよりも内々の経済コースを走れるというメリットのほうを重要視したいですね!

ただ問題は、桜花賞、過去10年で1枠の連対がゼロなんですよね

ジンクスは破るためにあるとは思いますが、ちょっと気になるデータではあります。

 

アーモンドアイ(7枠13番)

こちらは外目。この馬は出遅れ癖があるので、外目も悪くない。

しかし外をまわる競馬一択になったと思うので、高速馬場を考えると、不安材料。

よっぽどHペースで前が止まるか、内でラッキーライラックが手間取っている間に差し切ってしまうか。

まあ、アーモンドアイは末脚の持続力は一級品だと思うので、Hペースからの末脚勝負を望んでいるだろうね。そういう展開なら1着もあります。

 

■騎手

ラッキーライラック(石橋脩)

石橋脩騎手は過去にGⅠ2勝。ビートブラックの天皇賞春、ラッキーライラックの阪神JF。

正直GⅠでの実績と経験は劣りますよね。1番人気で最内1番・・・周りが同じ社台系列なので徹底マークは受けないとはいえ、飛ぶ要素はある。スムーズに最後の直線で加速できない場合は危ないです。

しかし、乗り替わり無く、ここまで来てるのは応援しがいはありますね!

最近はいい馬だと、すぐに外国人ジョッキーに変更とかですからね。

ラッキーライラック&石橋脩、競馬史に残る名コンビとして3歳牝馬クラシックを席巻できるか?個人的には期待したいですね。

 

アーモンドアイ(ルメール)

こちらは前走戸崎からルメールに手が戻りましたね。

正直前走に引き続き戸崎だったら、少し、いやかなり不安だった!

しかしJRAトップジョッキーのルメールならば、アーモンドアイの力を100%引き出してくれる気がします。スタートも上手いジョッキーですし、前走のような出遅れも可能性としては低くなったと期待したいですね。

 

■不安材料

お互いの不安材料も考えてみました。

ラッキーライラック

オルフェーヴルという気性の荒い血統の馬が、最内枠を引いたのは気にかかる。

たしかに経済コースをまわせるという意味では鬼に金棒だけど、気性的なことを考えたら不安です。

「最内で揉まれて、馬の走る気が萎えた」というケースも考えられるかな。

しかし、今のところラッキーライラックが気性的に爆発する兆候も見られないし、案外オルフェーヴルの仔って、意外と暴れないんですよね。

もしかしたらオルフェーヴルの潜在的な気性の荒さが爆発するかも・・・という程度。今回はとりあえず気にしないつもり。

 

アーモンドアイ

Sペースからの瞬発力勝負になった場合どうかな?

ロードカナロア産駒は追って伸びるイメージで、瞬間的な末脚勝負になったらサンデーサイレンスの系統には後れを取るかも・・・

しかもアーモンドアイはパワー型ヌレイエフのクロス(血統表に2つ以上ある)だからね。意外と前走のようなパワーの必要な馬場のほうがいいかも。

ただ桜花賞はSペースからの瞬発力勝負には、なりにくいですからね。Hペースからの追い比べだったら、ロードカナロアは強い。

 

まとめ

今回は昨年の桜花賞と違い、2強を信じて馬券を買おうと思います。

現在のところ、レース巧者で、枠順もいいラッキーライラックが優勢。

しかし週末の雨が、どの程度かまだ分からない。

意外と降って、馬場が重たくなるのだったら、パワーも凄そうなアーモンドアイの逆転もあります!

アーモンドアイと雨に強い穴馬で、高配当も期待できちゃうかな、と。

f:id:nextdoor2020:20180405183306j:plain

あー雨降って、アーモンドアイで勝負してぇなぁ~!!