競馬ウィークエンドトレーダー

競馬予想とか仮想通貨トレードとか、金になることを不定期に公開していまーす。

青葉賞 2018【予想】超高速馬場の東京競馬場、狙いは内枠の先行馬!

f:id:nextdoor2020:20180427185003j:plain

今週からGWにかけて、競馬の注目レースが目白押し!

土曜の青葉賞⇒日曜の天皇賞春⇒香港GⅠ⇒水曜のかしわ記念と、まさにエンドレス。

しっかり当てて、いいGWにしたいなぁ~

 

まずは土曜の青葉賞!

日本ダービーに向けて、要注目レースです!

青葉賞組からはダービー馬はなかなか出ないけど、ダービーの上位に入る馬は意外と多いです。

ですので、日本ダービーを占う意味でも、青葉賞はしっかりと見ておきたいですね。

 

東京競馬場の馬場状態は?

先週から開幕した春の東京競馬。

その先週を見た限り、東京競馬場の芝コースは、エアレーション作業の影響があまり見られず、「超」のつく高速馬場。

今週末も、雨は降らないため、ひきつづき高速馬場と見て大丈夫でしょう。

 

高速馬場の青葉賞は、どういう馬が狙い?

2通り狙えるタイプがいて、

まずは超高速馬場の2400m戦ということで、かなり鋭い瞬発力を使える馬。

具体的に言うとディープインパクト産駒で、レースの上がりが34秒台とかになれば、33秒台の末脚を繰り出せるディープインパクト産駒は、基本的には「買い」。

そしてもう1つの狙えるタイプは、

経済コースを通れる内枠の、できれば先行力のある馬。

高速馬場の2400m戦は、東京競馬場と言えども経済コースを通せる馬は有利。しかも開幕2週目なので、内側の馬場もかなり良好なのも狙える理由。

 

そして結論から言うと、今回の狙いは

後者の「経済コースを通れる内枠の先行馬」狙いとする。

2400m戦+先行馬も少ないので、まずSペース。

そして道中のラップも遅くなりそうで、ラスト3Fの直線勝負になると予想。

そうすると差し追い込み馬の本命は個人的には不安。

超高速馬場で前も止まらないことを考慮すると、内枠の先行馬が期待値が高くなると思いました。

 

ちなみに先週のフローラSは、ペース自体は速くなかったものの

レース全体のラップが厳しくて、(ラスト3Fの直線勝負ならず)追い込み馬が勝利を収めた。

しかし、青葉賞はフローラSのような厳しめのラップ構成になりそうにないため、経済コースを通せる先行馬が有利と判断しました。

<参考>フローラSのラップ

13.1 - 12.0 - 11.8 - 12.1 - 12.1 - 12.0 - 11.9 - 11.5 - 11.3 - 11.7

 

青葉賞の予想印

◎ダブルフラット

〇オブセッション

▲スズカテイオー

△ダノンマジェスティ

△サトノソルタス

△ディープインラヴ

★カフジバンガード

 

◎ダブルフラット

内枠の先行馬ということで、迷わずダブルフラット本命。

まず前走の山吹賞の負けがいい内容でした。

果敢に先行して、上がり4Fのロングラン勝負でしたが、上がり34.6を駆使して僅差の2着。

勝ち馬のレイエスブランドル(ハービンジャー産駒)には僅かに及びませんでしたが、軽快な先行力+末脚の持続力はキラリ光りました。

山吹賞は勝ち馬に徹底マークされてしまったものの、その勝ち馬は「ロングスパート戦に強いハービンジャー産駒」だったので、適性の差が最後のハナ差負けという結果に。

対して、今回の青葉賞はロングスパート戦では無くて、ラスト3Fの直線勝負。

マンハッタンカフェ産駒は器用なので、内枠からの直線勝負のほうが適性があります。

その場合、ディープインパクト産駒は驚異ですが、ハービンジャー産駒にはそうそうヒケを取らないはず。

山吹賞からの一変は十分可能です。

思い切って、本命に推したい。

 

 

今週は、天皇賞春と香港のクイーンエリザベス2世Cの予想もやります!

そしてかしわ記念の予想もやると、先に宣言しておきます!

(宣言しておかないと、後々サボりそうなので・・・)

 

いや1つでもいいから、本線でビシっ!と当てたいですね~

乞うご期待(?)です。