競馬ウィークエンドトレーダー

競馬予想とか仮想通貨トレードとか、金になることを不定期に公開していまーす。

クイーンエリザベスⅡ世C 2018【予想】香港で海外競馬の馬券発売!本命は道悪に強い血統の馬!

f:id:nextdoor2020:20180429085450j:plain

今日の17:40からは、香港のクイーンエリザベスⅡ世Cが発走します。

日本で発売される2018年海外競馬の第2弾ですし、しっかり当てたいところです。

また日本からは皐月賞馬アルアインと、AJCC馬ダンビュライトも参戦!

昨年優勝したネオリアリズムにつづいて、日本馬の勝利となるか注目です。

 

<天皇賞春2018の予想もしてます>

www.nextdoor2020.tokyo

 

香港の天気&シャティン競馬場の馬場状態

香港は1週間を通じて、ず~っと傘マークでした。

そして土日も晴れ一時雨の予報でした。

 

今年に入って、高速馬場が続くシャティン競馬場ですが、

今日のクイーンエリザベスⅡ世Cは、比較的馬場が重いと判断して予想したいと思います。

(主催者の馬場状態の発表は今のところ無し)

 

クイーンエリザベスⅡ世Cの展開予想

逃げ馬は人気が予想されるタイムワープ1頭のみ。

これをアルアインとダンビュライトが早めの競馬で、潰しにかかるかどうかに尽きる。

展開は、日本馬が握っていると言っても過言ではありません。

日本馬2頭は同馬主(サンデーレーシング)なので、常識的に考えれば、チームプレイでどちらか1頭がタイムワープに鈴を付けに行って、もう1頭をアシストするのが普通です。

今回の場合は、おそらくダンビュライトが早め早めの競馬でタイムワープをマークして、アルアインが直後で構えている・・・といった構図。

しかし、今回は強力な追い込み馬のピンハイスタ―がいるため、どこまで逃げ馬を追いかけるのか、非常に難しいところ。

しかし、少頭数でもあるし、楽にタイムワープを逃がせるわけもなく、ある程度早めの仕掛けの展開になるでしょう!

 

クイーンエリザベスⅡ世Cの予想印

◎ピンハイスタ―

〇ダンビュライト

▲パキスタンスター

△アルアイン

△タイムワープ

 

◎ピンハイスタ―

前走の香港ダービーの末脚が圧巻。

ペースはSペース。しかも多頭数で最後方からの競馬。

展開は最悪に近かったのに、最後の直線では全馬ごぼう抜きの勝利をおさめている。

 

香港ダービーのピンハイスタ―の勝ちタイムは2.01.1(Sペース)

そして、タイムワープの香港ゴールドCの勝ちタイムは1.59.9(Hペース)

ぱっと見、タイムワープの方に食指が動きそうだが、ペースが全然違うので参考外です。気にしなくていい。

 

また、ピンハイスタ―は、サドラーズウェルズ系モンジューの血統の馬で、道悪でも強いと予測できます。

今日のシャティン競馬場は、馬場が重めですが、問題無く実力を発揮できそうです。

キングマンボ系のタイムワープ、ストームキャット系のパキスタンスターより、道悪の適性があるでしょう。

 

〇ダンビュライト

道悪の持久戦では、間違いなく適性がありそうなのはダンビュライト。

前走・大阪杯では、Sペースの瞬発力勝負で弱い所を見せてしまいましたが、道悪のシャティンならば実力を出せそう。

先行力もあるし、本来は本命を打っていい馬。

しかし27日の馬体重軽量で、468キロ(前走時よりマイナス14キロ)だったのが、かなり気になる。

おそらく初の海外遠征で、少なからずダメージがある可能性もあります。

当日までに馬体重を戻してくれればいいのですが、それでも不安があるため、馬券ではピンハイスタ―の相手にとどめました。

 

▲パキスタンスター

昨年超SペースのクイーンエリザベスⅡ世Cで、後方から大外をぶまわして2着まで来ました。

末脚は優にGⅠ級です。

長期休養明けの今年の3戦は、まだ馬体重が重く、昨年のような末脚は見せられていません。

しかし27日の馬体重計測では、マイナス9キロと、ついに「仕上げモード」となってきたかもしれません。

気性に難があるらしいので、少頭数もかなりプラス。

日本馬が作り出す、早め早めの展開も大歓迎で、前がつぶれたところを追い込み一気できるかもしれませんね。

 

 

◆海外競馬場のコースについては、こちらの新刊がおすすめ

シャティン芝2000mの決定的な特徴などが書かれています。